トイレ水漏れ検査|より良い住まいにする為に

業者

エアコンの設置位置

台所

エアコン設置前に考えておくこと

エアコン設置するときにはそのためのスペースをまず考えることになります。ただスペースがあればそれでよいことではないのです。設置した状態がエアコンにとって最適であるかどうかということを考えることが必要になります。屋外機であれば耐候性はよいかどうかということです。具体的には日当たりの状態や雨や風の影響はどうかということです。屋内機でいえば最適な場所におかれているかどうかということです。それをおくことによって屋内機近傍のものに悪影響がないかどうかということです。風邪の方向を考えた場合、障害物にあたるものがないかなどです。また屋外機と屋内機を接続する電気配線や冷媒を送るパイプ類が問題なく接続されているか確認が必要です。無理な曲がり方や見苦しい接続になっていないかということです。さらには屋外機や屋内機を取り外すときになにか問題がおきないかも考えておくことです。

問題が起きないよう工夫

屋外機については日当たりがよすぎるとか雨が直接あたるよう場合などではひさしのようなものを取り付けます。対策することはエアコン効率アップ、劣化防止のメリットとなります。ベランダなどでは屋外機からの風向きなどを考え植栽などとの位置関係に配慮します。このことは植栽にとってもメリットとなります。屋外機を土の地面上に直接おく場合には屋外機が傾かないよう注意必要となります。通常のコンクリート上に設置するときに使用するコンクリートと屋外機間の板では時間が経過すると傾が生じたりもするのです。傾対策を講じることで機器の寿命にメリットになります。屋内機では風向き、特に下方向に注意配慮必要です。屋外機と屋内機間の電気接続や冷媒用パイプについては業者のかたと事前に打ち合わせしてあとで悔いのないようにすることです。屋内機に対するこのような配慮は機器の寿命や日常生活に対してメリットとなります。エアコン設置後にピアノなどの重量物が屋内機近傍におかれた場合、エアコン交換時には重量物移動という別の作業が必要となります。重量物設置時の配慮はエアコン交換費用削減メリットとなります。